クレジットカード

【大学生・専門生】学生のクレジットカードの作り方を簡単解説

「クレジットカードを作りたいけど何が必要か分からない。どうやって作るの?」

といった疑問をお持ちの大学生や専門学生のために、この記事では学生のクレジットカードの作り方について解説します。

解説といっても、クレジットカードを作る手続きに関して特別難しいことはありませんのでご安心下さい。

また、「そもそも学生は審査に通るのか」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかも知れませんね。

それについての回答ですが、一般的なクレジットカードであれば大学生や専門学生であればほぼ通ります。(利用限度額は社会人に比べ低めに設定されることが多いですが)

私自身も、大学生の頃はクレジットカードを4, 5枚持っていましたので実証済みです!

学生がクレジットカードを持つメリットに関しては、「学生がクレジットカードを持つメリットとは?8つのメリットを徹底解説!」でも紹介しているので、合わせてご覧下さい。

学生がクレジットカードを持つメリットとは?8つのメリットを徹底解説!大学生になると、「クレジットカードを作りたい!」「大学生はクレジットカードが作れるって聞いたけど、メリットは何だろう?」と思う方も多いか...

学生のクレジットカードの作り方

例えば、楽天カードの申込みステップは次のようになっています。

一般的には、名前、生年月日、支払い口座といった基本情報の登録と、勤め先や年収などの勤務先情報の登録が主です。

クレジットカードの作成に必要な情報

基本情報…名前、性別、生年月日、住所、ご利用代金お支払い口座などの情報

勤務先情報…勤め先、勤続年数、年収などの情報

基本情報の登録

基本情報の登録は、各カード会社の指示に従い、ご自身の情報(名前や生年月日、住所等)を登録して下さい。

ご利用代金お支払い口座についてですが、こちらも楽天カードを例にあげると、以下の銀行口座に対応しています。

学生の方の多くが利用しているであろうゆうちょ銀行は、ほぼ全てのカード会社において支払い口座として設定できるようになっています。

他にも、三菱UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行などその他主要銀行も大抵カバーされているので、学生がクレジットカードの支払い口座の登録で困るケースは少ないでしょう。

勤務先情報の登録

多くの学生が気になっているのはこの「勤務先情報の登録」ではないでしょうか。

ありさちゃん
ありさちゃん
学生は働いてないけどどうなるの?

多くの一般的なクレジットカードの場合、「学生」の選択が可能になっています。

ここで学生の選択肢が無い場合は、いわゆる「ステータスの高いカード」で学生は対象外のカードである可能性があります。

学生を選択すると、勤務先情報の登録ステップでは、勤務先の情報ではなく、大学名や専門学校名など、所属学校の情報を入力するよう指示されます。

具体的には、社会人が通常記入する勤務先情報の代わりとして、次の情報を記入することになります。

・学校名

・卒業予定年月

・年収(アルバイト)

学生であれば、年収が0であってもクレジットカードの審査には通ります。

ですので、アルバイトをしていない学生が見栄をはって嘘の金額を書き込む必要はありません。

年収を記入する欄があれば、アルバイトをしていなければ正直に0を、していればその分の年収をそのまま登録して下さい。

ありさちゃん
ありさちゃん
忙しくてアルバイトができない学生もいるもんね

私自身も大学1年生の一番最初にクレジットカードの申し込みしたときは、年収0で出しましたよ。(もちろん、審査には通りました。)

クレジットカード会社は、学生を「将来有望の顧客」としてみています。

つまり、学校を卒業して、社会人になってからもクレジットカードを使い続けてもらうことに重きを置いています。

ですので、学生に年収があろうがなかろうがあまり気にしていませんよ。

学生がクレジットカードを作る際の注意点

学生がクレジットカードを作る際の注意点ですが、まず一番に審査に通りやすいカードを選択することです。

学生は比較的審査が通りやすいですが、やはり社会人に比べ経済力がそこまで高くないので、審査難易度の高いカードに申請すると審査落ちする可能性があります。

一度カードの審査に落ちてしまうと、その情報は信用情報として登録され、次のカード会社の申請では審査が更に厳しくなります。

なぜなら、「他のカード会社の審査に落ちた人」というのは、それ以降に申し込みを受けたカード会社も警戒するからです。

ありさちゃん
ありさちゃん
学生が通りやすいカードを選ぶことは重要なんだね…!

また、年会費無料のカードにすることも重要です。

学生がクレジットカードに高い年会費を払っても得する場面はかなり少ないです。

年会費を支払う分、飲み会や趣味に使った方がよっぽど有効的じゃないかと個人的には思います。

年会費無料だから微妙なカードしかない…といったことは全くありません!

大学生・専門学生におすすめのクレジットカード

学生がクレジットカードを作る際に基準にすべき3大柱は「審査に通りやすい」「年会費無料」「高還元率」です。

その3つの観点から、学生におすすめのクレジットカードは次のとおりです。

楽天カード

楽天カードは「日本で一番使われているクレジットカード」です。

ポイント還元率常時1%で、楽天市場でのお買い物なら3%になります。ポイントがザクザク貯まるので、学生におすすめカードです!
楽天Edyと一体型なので、対応店舗で電子マネー決済も可。

おすすめ度
年会費無料
ポイント還元率1.00% ~ 3.00%
貯まるポイント楽天スーパーポイント
交換可能なマイルANAマイル
付帯保険海外旅行傷害保険

公式サイトへ

JCB CARD W

39歳以下限定のカードで、JCB公式でありながらポイント還元率が1%と高く、交換可能なマイルが豊富であることが特徴です。

基本的な盗難保険に加え、年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しているのは素晴らしいです!
カードフェイスもシンプルでおしゃれと評判のカードです。

おすすめ度
年会費無料
ポイント還元率1.00%
貯まるポイントOki Dokiポイント
交換可能なマイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル
付帯保険海外旅行傷害保険、ショッピング保険

公式サイトへ

Yahoo! JAPANカード

カードを利用すると100円につき1ポイントのTポイントが貯まり、Tカードとしても利用可能なのが特徴です。

YahooショッピングやLOHACOでの利用だと3%還元になります。
色々なお店で使えるTポイントが貯まりますので、実店舗で使えるポイントを貯めたい方におすすめのカードです!

おすすめ度
年会費無料
ポイント還元率1.00% ~ 3.00%
貯まるポイントTポイント
交換可能なマイルANAマイル
付帯保険ショッピング保険

公式サイトへ