ニュース

PayPayで残高付与取り消し!?取消対象はどんな人か

世間を騒がせたPayPayの「100億あげちゃう」キャンペーンですが、残高付与が取消されたとして今Twitterなどで話題になっています。

20%還元を目当てに、PayPayで高額商品の買い物をした人も多いのではないでしょうか。

私自身はPayPayで大きな買い物はしておりませんが、1万円以上のキャッシュバックが取消になるのは恐怖ですね…。

取消された人のTwitter上の反応

取消対象はどんな人?

基本的には、PayPayの規約に違反していた人が主になっているようです。(PayPayの公式サイトより引用

  • クレジットカードの不正利用
  • 架空の取引
  • 取引の分割
  • 不当な取引や返金によるPayPayボーナス等の詐取
  • 1人のお客様による複数名義の支払い手段での利用
  • 複数のPayPayアカウントでの同一クレジットカードの利用
  • PayPayアカウントやYahoo! JAPAN IDの不正利用

全額返金のために、当選しなかった場合は返品&再購入をした…などは論外ですが、特に、複数のPayPayアカウントでの同一のクレジットカードの利用で引っかかっている人が多いような印象も受けました。

中でも、家族のクレジットカードを使ったというパターンが多いと思います。

例えば、AさんがAさんの父のクレジットカードを利用してPayPayを使ったとします。
そこで、Aさんの父も同じクレジットカードでPayPayを利用してしまうと、PayPayの規約に違反することになります。

しかしながら、「個人の名義のクレジットカード利用・複数アカウント無し・返品なし」の人が取り消しになっているのを見ると、正常な利用者まで巻き込まれているケースもありますね。

この方はキャッシュバック金額は5万(1回の利用金額が25万)だったそうですが、これはあくまで私の予想になりますが、恐らく1回の利用金額があまりにも高額だと不正利用としてご検知されているのかも知れません。

ありさちゃん
ありさちゃん
それは流石に酷すぎる・・・

転売ヤーがダメージを受けるのは良いですが、一般の正しい使い方をした利用者までもが巻き込まれてしまうのは残念ですね。。

また、コンビニで利用した100円や200円のキャッシュバックはされているが、高額キャッシュバックだけ取消になった人もチラホラいるようです。

正常な利用者への対応

正常な利用者が誤検知によって取り消しされてしまった場合、PayPayに連絡すれば調査するそうです。

正当な利用にもかかわらず、付与が取り消されている場合は、調査いたします。こちらの 付与についての質問フォームにて詳細をご連絡ください。

調査を進める上で、決済結果画面の確認やお取引の証憑の提出をお願いさせていただくことがございます。また、必要に応じて、お取引の対象の加盟店様へ取引の確認や売上証憑の確認をさせていただきます。

さらに、公的機関への提出書類の確認をお願いしたり、公的機関による捜査へのご協力をお願いする場合もございます。

調査を進める場合はお時間を頂きますので、あらかじめご理解いただければ幸いです。
調査の結果、キャンペーンの景品や特典を付与することになった場合、付与時期を改めてご連絡いたします。

PayPayの公式ページより

グレーな使い方をした人もダメ元で問い合わせすると思うので、調査には時間がかかりそうですね。

よっぽどないかと思いますが、「公的期間への提出書類の確認」などは面倒くさそうですね…(汗)

Twitter上の情報を見ると、不正利用している人でも取消されていない人が結構数いるそうですが、平行してそちらの対応もして頂きたいですね。

今回の騒動を含めた今後のPayPay

システムのダウンによる二重決済や、店頭で支払いができないといった問題、セキュリティ上の問題からクレジットカードの不正利用の温床になってしまったなどなど、様々な問題が起こったPayPayですが、ここにきて新たな問題が発生してしまいました。

面白いキャンペーンだったとは思いますが、今後も利用者の不信感はどうしても拭えないでしょうね。

キャッシュレス推進派の私としては、是非キャッシュレス社会に貢献して欲しいとは思いますが、色々と利用者の行動予測や対策未熟である印象を受けます。

ありさちゃん
ありさちゃん
今回の件で「やっぱり現金が一番!」と思われるのは嫌だね

今後の動向が気になるところです。